病害虫・雑草図鑑病害虫・雑草図鑑

雑草

シバツトガ Pediasia teterrellus

分類

チョウ目(鱗翅目)メイガ科

形態・特徴

ふ化幼虫の体長は約1mmで短毛に覆われており、終齢幼虫の体長は約20mm。暗褐色。2齢幼虫以降は土粒や芝かすで苞をつくり、その中で生活しながら芝を食害する。
成虫は8~9mmで、前翅に灰褐色を呈するがはっきりとした斑紋はない。

  • シバツトガ
    シバツトガ
生態・発生消長
  • 高温・乾燥を好む。
  • 年3回発生で成虫は5月中旬~下旬、7月中旬、9月上旬を中心に発生する。
  • 成虫は夜行性で、20~21時を中心として盛んに飛び回り、交尾・産卵する。
  • 幼虫はコウライシバやベントグラスなどを好んで食害し、密度の高まる3化期に甚大な被害を与える。
防除方法のご提案

幼虫の発生密度が高まる前に殺虫剤を散布し、密度上昇を抑える。
シバツトガの防除方法