病害虫・雑草図鑑病害虫・雑草図鑑

病害

ブルーグラス

発生草種

ブルーグラス

病原菌

Magnaporthe poae

発生消長

7月~9月に発生する。

生態・特徴

本病は高温多湿時にブルーグラスにのみ発生する。初発時には、ドライスポットに類似した黒ずんだ萎凋症状を呈する。その後、直径約20~40cmの褐色類円形や輪形パッチを形成する。パッチが融合して大型化することも多い。特に根部の痛みが激しい。本菌はブルーグラスのみに感染し、他の寒地型洋芝には感染しない。

  • ブルーグラス(フェアウェイ)のサマーパッチ病
  • ブルーグラス(フェアウェイ)のサマーパッチ病
  • ブルーグラス(フェアウェイ)のサマーパッチ病
    ブルーグラス(フェアウェイ)のサマーパッチ病
  • 根に感染したサマーパッチ病 病原菌の菌糸
    根に感染したサマーパッチ病 病原菌の菌糸
防除方法のご提案

発病してからの治療効果は殆ど期待されない。予防散布が不可欠である。
防除方法のご提案/ブルーグラス