病害虫・雑草図鑑病害虫・雑草図鑑

病害

ドレクスレラ葉枯病・斑点病

発生草種

ベントグラス

病原菌

ドレクスレラ葉枯病:Drechslera catenariaDrechslera sp.
斑点病:D. erythrospila

発生消長

盛夏期を除く4月~11月に発生。

生態・特徴

ドレクスレラ葉枯病、斑点病ともにほぼ同様の症状を引き起こす。葉枯症状を呈し、赤褐色で直径数cm~10数cmの円形または不整形スポット状パッチを形成する。融合して不整形となることもある。東日本に多く発生し、西日本では少ない。

  • ベントグラス(グリーン)の斑点病
    ベントグラス(グリーン)の斑点病
  • ベントグラスの斑点病
    ベントグラスの斑点病
  • 斑点病菌の分生子
    斑点病菌の分生子
  • 斑点病菌の分生子層
    斑点病菌の分生子層
防除方法のご提案

防除方法のご提案/ドレクスレラ葉枯病・斑点病