病害虫・雑草図鑑病害虫・雑草図鑑

病害

ダラースポット病

発生草種

ベントグラス、その他寒地型芝草、日本芝、バミューダグラスなど

病原菌

Sclerotinia homoeocarpa

発生消長

4月~10月に発生し、特に初夏の病勢が激しい。

生態・特徴

ベントグリーンでは直径数cmの淡褐色~灰褐色スポット状に発生し、刈高の高い場所ではやや大型のパッチとなる。特に、日本芝では葉身に明瞭な病斑が認められる。早朝にターフ表面に白色の菌糸が立ち上がっているのが観察されることがある。刈り込み方向に沿って直線状に発生する場合がある。肥料(特に窒素)不足で発病が助長され、回復も遅れる。

  • ベントグラス(グリーン)のダラースポット病
  • ベントグラス(グリーン)のダラースポット病
  • ベントグラス(グリーン)のダラースポット病
  • ダラースポット病 病原菌の菌糸
    ダラースポット病 病原菌の菌糸