製品情報製品情報

芝用着色剤

エクセローン®シリーズ

ニューエクセローン(R)B

10kg Bag in Box包装

有効成分 顔料、固着剤、水 他
性状 暗緑色粘稠懸濁液体
毒性 普通物(毒劇物に該当しないものを指していう通称)
包装 10kg×1箱(Bag in Box)
®(株)理研グリーンの登録商標



エクセローン®シリーズの特長


 富士OGMエクセレントクラブ伊勢大鷲コース

(エクセローンB使用コース)  

使用方法

対象作物 m²当りの標準使用量 希釈倍数
ベントグラス・コウライシバ等
の西洋芝・日本芝
2~5g 本剤の所定量を水で50~100倍に希釈し、散布する

エクセローンB やや暗緑色で、芝本来の落ち着きのある色調
エクセローンK 明るい緑色で解放感のある色調
アクリル系 エクセローンA Bよりも濃緑で深みのある色調(暗緑色)
アクリル系 エクセローンX アクリル樹脂配合で色合い長持ち

※上記表の色はイメージです。


1.コウライグリーン、フェアウェイ、ティーグランドの着色
 プレイゾーンにメリハリがつくので、プレイヤーの印象度UP!します。
コウライシバの場合、冬枯れの始まる前に着色する方が色持ちが良くなります。
第1回目の着色はまわりのノシバとの色の差がある程度はっきりしてきた11月上旬頃がおすすめです。
コウライシバが退色してしまってからの着色は、色の乗りが悪く不自然な色調になることがありますのでご注意ください。


●コウライグリーン、ティーグランド(エクセローンBの場合)
  1,000Lタンク車にエクセローンB 15㎏混入し、5,000m²に散布してください。
  ※エクセローンB 3.0g/水量200ml/m²、希釈濃度は約67倍液となります。

●コウライフェアウェイ(エクセローンBの場合)
  1,000Lタンク車にエクセローンB 10㎏混入し、5,000m²に散布してください。
  ※エクセローンB 2.0g/水量200ml/m²、希釈濃度は100倍液となります。
※ご使用いただく際には試し散布を行って、芝色・色の好み・作業効率などにあわせて使用量、濃度を調製してください。着色は1m²当たりの着色剤投下量よりも、希釈濃度によって色具合が変わってきます。なお、2回散布する場合は1回目散布の1ヶ月後を目安にしてください。
伊勢カントリークラブ

2.ベントグリーンの着色
 冬場でも霜焼けに負けない色鮮やかなベントグリーンを実現します。
ベントクリーンでは刈り込みなどメンテナス内容によってその色の持続期間が変わってきますが、およそ1ヶ月に1回程度着色してください。
第1回目の着色タイミングはベントグラスが霜焼けする前の11月下旬から12月上旬をおすすめします。
なお、グリーンでの着色には「エクセローンK」とのコンビネーションもおすすめです。
(B:K=1:1~3:2がオススメ)


●エクセローンBのみの場合
  1,000Lタンク車にエクセローンB 15 ㎏混入し、5,000m²に散布してください。
  ※エクセローンB 3.0g/水量200ml/m²、希釈濃度は約67倍液となります。

●エクセローンKと組み合わせる場合 (1:1混合)
  1,000Lタンク車にエクセローンB 7.5㎏、エクセローンK 7.5kg混入し、5,000m²に散布してください。
  ※エクセローンB 1.5g・エクセローンK 1.5g/水量200ml/m²、希釈濃度は約67倍液となります。

 伊勢カントリークラブ



使用上の注意

このページを閉じる