製品情報製品情報

農林水産省登録第15339号

理研MCPP液剤

MCPP液剤

芝生の中の広葉雑草退治に

有効成分 MCPP 50.0%
特長 1. 芝生などイネ科雑草に対する安全性が高く、広葉雑草(葉の広い雑草)を選択的に枯らします。
2. 雑草の葉や茎から吸収され、根も枯らしていきますので、大きくなった雑草退治に効果的です。
3. クローバー、スギナ、スベリヒユ、カラスノエンドウなどの枯らしにくい雑草もよく効きます。



MCPP液剤の適用と使用方法

作物名 適用場所 適用雑草名 使用
時期
使用量(m²当り) 使用方法 総使用
回数※
薬量 希釈水量
日本芝
西洋芝
(ブルーグラス)
クローバー、
畑地一年生広葉雑草
雑草
生育期
0.5~
1.0ml
100~
200ml
全面茎葉散布 3回以内
樹木等 庭園、駐車場、宅地、
堤とう、道路、公園、
運動場、のり面、鉄道等
スギナ 0.75~
1.0ml
植栽地を除く
樹木等の周辺
地に全面茎葉
散布

※本剤及びMCPPを含む農薬の総使用回数

こんな雑草で困っていませんか?

散布液の作り方(目安)

① 薬剤を水で100~400倍に希釈し、よくかき混ぜてください。
② 噴霧器などを使って、散布液を雑草の茎葉部全面に均一にかかるよう散布してください。


10m2当り
散布場所 雑草名 薬量 水量
日本芝、
ブルーグラス
クローバー、
畑地一年生広葉雑草
5~10ml
(100~400倍)
1~2L
植栽地をのぞく樹木などの周辺 スギナ 7.5~10ml
(100~267倍)

10m2当り
希釈倍数 薬量 水量
400倍 5ml 2L
267倍 7.5ml 2L
200倍 10ml 2L
5ml 1L
133倍 7.5ml 1L
100倍 10ml 1L

面積 水量 薬量 キャップ 希釈倍数
10m2 1L 8ml 1杯分 125倍
20m2 2L 16ml 2杯分
30m2 3L 24ml 3杯分
40m2 4L 32ml 4杯分
50m2 5L 40ml 5杯分
100m2 10L 80ml 10杯分

MCPP液剤

<10m2分散布液の作り方(例)>
水1~2Lに薬剤をキャップ1杯分(約8ml)入れてください。
*希釈目安
 125倍希釈・・・水 1L+薬剤 8ml
 250倍希釈・・・水 2L+薬剤 8ml


効果のある主な雑草

スギナ
スギナ
チドメグサ
チドメグサ
スベリヒユ
スベリヒユ
シロツメクサ(クローバー)
シロツメクサ(クローバー)
カラスノエンドウ
カラスノエンドウ

使用時期の目安

10
11
12
( 月 )
 

使用上の注意

このページを閉じる