IR情報IR情報

経営方針経営方針

基本方針

当社グループは、『緑をつくり、育て、守る』ことをモットーに、人と自然が調和した豊かな社会の実現を目指し事業を展開してまいりました。

これまで環境関連事業を通じて培ってきた技術情報をベースに、ユーザーへ最新情報の提供により他社差別化を進めるとともに、環境に適応した商品の開発を 積極的に行い、利益の向上と企業価値を高めて事業の発展に努めてまいります。

利益配分についての基本方針

株主への利益配分に関しましては、長期的視野に立ち安定的な配当の継続を重視するとともに、財務体質の一層の強化と今後の事業展開に備え内部留保の充実を図っていくことを基本方針としております。

新会社法の施行後の配当支払いに関する方針につきましては、従来通り変更しない予定です。

中長期的な経営戦略

当社グループは、販売会社にあってグループ内に研究所を有する優位性を更に高めるため、単なる商品供給にとどまらず、ユーザーに商品技術情報を提供するとともに、ユーザーと一体となって環境関連事業を展開する。

  1. 連結経営を一層強化し、グループ企業価値を高める。
  2. ユーザーに密着した販売により競争力を強化し、市場占有率を高める。
  3. 高付加価値商品の開発を積極的に促進する。
  4. 国内外より新製品を積極的に導入する。
  5. グループの技術力を強化し高水準の技術サービスをユーザーに提供する。

会社が対処すべき課題

緑化関連薬剤・資材市場は、ゴルフ場の長期低迷に加え経営破綻や外資メーカーの直販体制の強化により、また、土木緑化事業は公共工事の削減等により、経営環境は厳しさを増しております。

かかる状況下、以下の事項を施策し対処してまいります。

  1. 新ゴルフ場経営グループとの販売提携の推進。
  2. グループ企業の総合力促進。
  3. ゴルフ場等の総合管理メンテナンス業務拡大により緑化関連薬剤・資材の販売促進。
  4. 民間工事の受注拡大。
  5. 製紙用薬剤の市場拡大。

内部管理体制の整備、運用状況

当社の内部管理体制は、業務執行に際し各事業部門内(緑化薬剤・資材事業部、産薬部、土木緑化部)で部門長以下職責上の管理を為し、また、各部門に設置されている管理課が部門内牽制を行います。

各部門は定例的に会議を開催し、この場において内部牽制についての報告、伝達も行っております。
管理部門としては、総務部および経理部がそれぞれ社内規程および関係法令に基づき全社的管理しており、組織的に内部牽制を行い、役割を担っております。ま た、部長会議および事業所長会議を定期的に開催し常勤役員も出席のうえ、各部門より業務執行の報告および伝達がなされ、問題点があれば協議検討し、社長から指示しております。

この他に社長直属の内部監査室を設置して、本社、事業所および子会社が社内規程および関係法令に準拠して業務が適正に行われているか、監査役と連携して監査を行っております。

主な管理関係規程は、組織規程、業務分掌規程、職務権限規程、稟議規程、経理規程等であり関係法令の改正等により随時規程の改正を行っております。